別荘とリゾート会員権の違い

リゾート会員権を購入する場合

それほど大きな費用をかけなくてすむ、会員制リゾートならば、手軽にセカンドハウスを所有している気分を味わえます。
物件のスタイルは多様化してきており、戸建てタイプの別荘風のものから、リゾートマンション・リゾートホテルタイプなどもあります。
 
別荘を購入するほどではありませんが、所有権も満たせますし値段は手頃。入会金や預託金を支払って会員になるだけでOKです。
一室の所有権や利用権をそれぞれ契約しているリゾートクラブの規約に沿って施設を利用できます。使い方は自由なのです。
 
しかし、希望する利用日が重なることもあります。その場合は抽選になったりして、個人所有の別荘やリゾートマンションと比べると自由度は劣ります。
その反面、物件の維持管理をする必要もありません。清掃や修繕をしなくても良いのは、大きなメリットになるのではないでしょうか?
 
一般的には温泉やプールやレストランなどの共有施設があります。これらを低価格で利用できるのも長所になります。
拠点を複数持っているリゾートクラブならば、季節毎に全国のリゾートを巡り歩いたりもできます。
セカンドハウスで優雅な旅ができます。